台湾式のおにぎり

おにぎりっつったら三角だよね。三角が普通だよね。おにぎりって、全国共通でないって知ってた?台湾にはそんな日本のおにぎりを元に作られた台湾式おにぎりがあります。その名も飯糰(ファントァン)。

台湾のおにぎりは三角ではなく円柱で細長いです。そしてでかい。

語学学校に通っていた頃、駅のそばにいつもおにぎり屋さんの屋台が出ていたのでよく買って駅から学校までの道のり頬張りながら通学していたさちよ。そのうちそこのママとパパに覚えられ、日本人のさちよに一生懸命話しかけてくれるようになり、しまいには毎日さちよ用に一個作り置きしておいてくれるまでに。食べたくない日に通りすぎるのかなり気を遣ったわよ。

この飯糰、種類が多いんです。たしか大体50元くらいだったはず。お米が白米か紫のやつか選べて中身もいっぱい選択肢があるのです。初めはありすぎてどう頼めばいいかわからんてかなり困った。ちなみに、この中身ですが、一種類ではありません。あれとこれとそれとこれと、、すんげえ種類入ってんの。こらもう食べてみてのお楽しみですわ。梅とかないかんね!!あとすこし油っこいので毎日食ってると飽きるかもしれません。中の油條抜くだけでもかなり変わるかもしれん。あと、甘い。甘くて油っこくて具沢山の細長いおにぎりです。

毎日さちよ用におにぎり作ってくれた屋台のママとパパ。たまにご飯の関係でこうなりました。

飯糰 台湾式おにぎり コラボ

白米と紫のご飯のコラボ。うん、いいよ。さちよ気にしない。

 

最近は久しく食べておりません。あ、コンビニにも売られててそれはたまーに食べるアルよ。でもコンビニより屋台の飯糰のがおいしいです。

サンラータンに入っていた意外なもの。

サンラータンといえば中華料理ですよね。台湾の小料理店ではごく普通に見かける酸っぱくて胡椒の効いたトロトロのスープ。さちよは台湾に来るまで飲んだことがなかったです。

小南門 というお店、デパ地下とかによくあるんですよ。さちよの印象は豆花屋さん。小料理屋さんもあります。

東興路と市民大道の近くに一軒あるんですが、そこでは豆花も料理もどっちも食べられる一石二鳥のお店。ここのサンラータンの中には、なんとアレが入ってます。アレとは、これ。↓↓

(さらに…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました