オーバーナイト・マラソン! @ シンガポール

IMG-20160528-WA0009

12月のシンガポールマラソンに先駆けて、オーバーナイト・マラソンに参加してきました♪

シンガポールマラソンでは、21キロ走りたいから、今回は5キロからのスタート。笑 8月に10キロに挑戦する予定!

IMG-20160528-WA0004

本当の大会の名前は、「OSIM SUNDOWN MARTHON 2016」。

日が落ちてからスタートする夜のマラソン大会です。

場所は、F1ピット!

 

20160528_193135

20160528_193109

5キロは、夜8時から。

10キロは、夜10時から。

21キロは、夜11時45分から。

そして、フルマラソンは深夜12時のスタートです。

 

わたし、申し込み最終日に申し込んで、5キロの参加費用は49ドルでした。会社の同僚と走ろうとしてたけど、なんと、わたしが人数のリミットだったらしく、わたしの後に申し込もうとしてた同僚は、誰も申し込めないというアクシデントが。笑

ゼッケン取りに先週末、Suntecまで行った時に、事情を説明してどうにか同僚も申し込ませて!と事務局の人に頼んだけど、ダメだった(T_T) この大会、三万人も参加するから、もうどうにもこうにもいっぱいだと。

 

ということで一人参加に。笑

1464523576523

ホントに走るの?!

と言われながら、まー、返金しないって書いてあるし、5キロだったら、たぶん走れるでしょ、と、参加。

 

7時50分、スタート地点へ。

20160528_195224

スタートのところにDJがいて、しゃべりまくってたので、8時のスタートが、8時11分スタートにw

この人、人、人。

始まる前から暑かった(;´∀`)

20160528_195949

 

走ってる間は写真がないけど、5キロは、Fun Runだったら、気軽にみんな参加していて。

道中、セルフィー撮ってる人を追い越し、手をつなぎながら走るカップルを追い越し、止まってマリーナ・ベイ・サンズの写真撮ってる人を追い越し。ま、Fun Runだからね。笑

 

コースは、F1ピットから、シンガポール・フライヤーの下を通り、橋を渡って、マリーナ・ベイ・サンズへ。サイエンス・ミュージアムをぐるっと回って、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの横をひたすらマリーナ・バレッジまで走り、Uターン。このUターンまでが、ひたすら長かった( ´Д`)=3

4キロ越えたとこで、体が疲れを感じなくなった、と思ったところで、4.3キロあたりで登り坂!

しんどーー( ゚д゚)( ゚д゚)

 

なんとか目標のタイム以内にゴールできました♡

そして、絶対に歩かない、と決めていたから、歩かなくて、よく頑張った。

 

ゴールで、同僚がアクエリアス持って待っててくれたので、すごく嬉しかったです(*^^*)

いくら夜のマラソンとは言っても、めちゃくちゃ暑い!

 

心地良い達成感に包まれた一日でした。

12月に向けてがんばるぞ(^_^)/

 

カナダ 大学、大学院留学

入学条件
カレッジ*
高校卒業資格とTOEFL iBT71~80、またはIELTS 6.0~6.5程度の英語力が必要で、入学試験はない。
英語力が基準に満たない場合は、カレッジ付属の英語コースか提携する語学学校で英語力を高めてから正規コースに入学する。

注:
*カレッジとは
カナダのカレッジは、一般にコミュニティカレッジ(Community College)と呼ばれ、大学に比べて、より実践的で就職に役立つスキルを学べる教育機関です。コミュニティカレッジのコースには、大きく分けて2種類あり大学編入コース(University Transfer Course)と、職業訓練コースがある。大学編入コースは、大学に編入するためのプログラムで、職業訓練コースでは、幅広い分野の知識と実践的なスキルを習得することができる。期間は、通常1~2年間。

大学
入学試験はなく、おもに高校の成績と英語力が必要。英語力の目安は、TOEFL iBT88~100、IELTS 6.5~7.0程度。大学や専攻によっては高校で特定科目の履修が条件になる場合もあり。
英語力が基準に満たない場合は、大学付属の英語コースか提携する語学学校で英語力を高めてから正規コースに入学する。

大学院
大学での成績が、主要科目の平均でAマイナス以上の評価が必要。その他に、卒業論文等の提出を求める場合もあり。ビジネススクール(経営学専門)やMBAコースの場合は、GPA3.0以上、GMAT500~600点が必要。
英語力の目安は、TOEFL iBT92~100、IELTS 6.5~7.0、数多くの文献を読解する力、論文をまとめる筆記力などが必要。
(さらに…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました