恋する惑星の長いエスカレーター

香港

トニー・レオンとフェイ・ウォンの香港映画『恋する惑星』。

前回の香港旅行から帰ってきて、見たんだけど、ストーリーはなんてことはないんだけど、不思議に後引く魅力が強烈にあって、1990年代の香港の熱気みたいなやつが、心の奥から離れない、とても魅力的な映画だった。

 

香港に到着した日の夜、LKFへ繰り出したんだけど、LKFへ向かう途中、あれ?これ、あの映画に出てたエスカレーターかな?と思って、わくわくした。

翌朝、戻ってみると、それはやっぱり、あのエスカレーターだった。

ドキドキしながら、登ってみた。

フェイ・ウォンの恋する切ない気持ちと、ひとりで歌っていたシーンを思い出して、ここかぁと思ったけど、

実際、なんてことはないエスカレーターで、観光客の人たちもたくさん登っているし、地元の人たちの日常の足にもなっている様子。

世界で一番長いエスカレーターらしくて、どこまで登ろうか考えていたけど、もうひとつ登ったら、何か発見があるのかなと、ドキドキして、最後まで登らずにはいられなかった。

香港島が、こんな急な斜面に切り開かれた街なんだって、ここまで登って、よく分かった。素敵。

エスカレーターは、オシャレなカフェやバーが立ち並ぶSohoを突き抜けて、更に上へ。

これは、お肉屋さんかな?

この辺りで、街が余りにも絵になりすぎて、私の心は完全にノックアウトされていた。

人々の生活感も、街のごみごみした感じも、小雨ですら、絵になる街。

途中にモスクがあって、

なぜか、ほっとする。

一番上まで登ると、ここでエスカレーターは終わりですと書いてあって、バスで帰るのか、歩いて降りるのかになる。下りは、ところどころしかエスカレーターがなくて、ほぼ階段。私はもう少し、余韻に浸りたくて、階段で降りることに。

今度行ったときに、食事か飲みに来たい旧警察署。リノベーションされたそうで、オシャレなレストランやバーがたくさんあった。

雨が降り続く午後も素敵だったな。

エネルギーに溢れる街。

ここを歩き慣れた香港人は、香港は、つまらないよ、と言い、シンガポールのほうが、多様性があって面白いよと言うけれども。私には、香港は、まだ外国に感じられるし、新と旧が融合するごみごみした感じとか、言葉でうまく表わせないけど、街が発するエネルギーが、人間味があって、泥臭くて、魅力的だと思うんだけどな。

 

いつかこの熱から覚めるときがくるのかな。

コメント

  1. […] 恋する惑星の長いエスカレーター […]

タイトルとURLをコピーしました