芝生の上のオープンエア・シネマ「Films at the Fort」

シンガポール

先月、香港から帰国した翌日、ダウンタウン線のFort Canningの駅に向かって歩いていたら、Fort Canningのふもと?にこんな遊具ができているのを見かけました。

これ前からあったっけ?

遠くには、エスカレーターまでできているようで、香港じゃん!と思ってしまった。

そしたら、「Films At the Fort」の案内がメールに届いていて、前から気になっていたけど、行ったことがなかったので、お友達を誘って行ってきました(^^)

 

★屋外映画の記事はこちらもどうぞ

ビーチとビールと映画と。サンセット・シネマ @ セントーサ島』(写真がなくてごめんなさい🙇)

 

見たのはこちら「Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile」。

Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile | Official Teaser [HD] | Voltage Pictures

セントーサ島のサンセット・シネマの日は、バッグにビーチサンダルを忍ばせていたけど、今回は、バッグにピクニックマットを忍ばせて仕事へ。

 

Fort Canningの駅から、冒頭の公園とエスカレーターを上がって行くんだけど、夕暮れ時、たくさんの子供たちが遊具できゃーきゃー遊んでいました。平和だ。

 

Fort Canning内でかなり迷って!到着して、芝生にピクニックマットを広げて、ビールとピザを入り口で買ったら、19:45からの映画は始まっていました。

結構な人がいましたよ。

サンセット・シネマみたいに席は決まってなくて、芝生の好きな場所に座ってよいシステムでした。背中を持たれかけるクッションも借りられたみたい。

靴を脱いで裸足を芝生の上に投げ出して見ていたら、途中、もうすぐ満月な月が高く上がってきて、明るくなってきて、とても気持ちがよかったです(*^^*)

あー。ピクニックもしたいな。

 

キアスなシンガポール人の中にいて、通じない会話にイライラしているよりも、こういう楽しみをスマートに共有できる人たちの中にありたいなーと、改めて思った。

 

映画の内容は、知らずに行ったのですが、なかなか衝撃的な終わり方でしたΣ(゚Д゚) 1970年代にいたアメリカの凶悪殺人犯の実話をもとに作られた映画だそうで、思わず翌朝、この事件についてwikipediaしてしまいました。んー。私は彼は冤罪だと思ってしまった。

 

映画は明日8/18までやっていますよ(^^)/ 毎晩違う映画を上映していて、今夜のは、満席だったと思いますが、確か明日のはまだ予約ができたはず。チケットは、一人34ドル程。

 

毎年やっているイベントで、とても気持ちがよかったので、また行きたいです(*˘︶˘*).。.:*♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました