台湾、トイレの常識

台湾 さちよ 妹 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 トイレ トイレ事情 教育 びちょびちょ 気にしない 教養 レベル 便座 便器 ゴミ箱 蓋つき 蓋なし 丸見え さちよの台湾日記

自分、日本人なんでやっぱり気になっちゃうんス。

それは①手を洗った後の手を洗面器の中でピッピってやらない②トイレの個室で電話するor個室同士で話す③便座の謎の水分

①手を洗った後の手を洗面器の中でピッピってやらない
ほんとやらんだよ。どうすると思う?彼女たちは洗った後の手の水分を一切一切ピッピとやらずそのまま立ち去ります。もうボタボタです。まぁ床はビチョビチョになるよね。さちよの仕事場はオフィスビルになっていてトイレは共有なの。だからうちの会社だけでなく同じフロアのいろんな会社の人が共有し使っているトイレです。オフィスビルです。皆成人した社会人です。さちよが東京でオフィスレディしていた時、お姉様方はお手洗いに行く時きちんとハンカチを持って手を洗った後ハンカチでちゃーーんと拭いていました。床がビチョビチョになったところなんて一度も見たことがない。
今のオフィスビルのトイレ、ハンドドライヤーがついていますが9.5割使われておりません。使ってる人は極少数、さちよとかね。多くの台湾人はビチョビチョのまま立ち去るか、トイレットペーパーで拭くの。でも取りに行く時も手はビッチョビチョだから結局床はビッチョビチョ、悲しいことに個室までビチョビチョになる。たまに手をピッピってやる人もいるけど、それもなかなか豪快なので隣にいるさちよにかかってくることもあります。とりあえずガンつけるよね。そうするとね、「あ、ごめん!」って謝ってくるの。その様子から感じ取れるのは、彼女ら本当に悪気がないということ。洗面器周りがどれだけビチョビチョになろうが床がビチョビチョになろうが人に水がかかってしまおうが、悪気はない。そこに気がついてからはイライラ度がだいぶ下がりました。床にボタボタ水垂らしながら去る女子はやはりドン引きするけど。もし台湾人が洗面器の外側に水飛ばさないようピッピってやって床に水が垂れないように気を使いながらトイレットペーパー取りに行ってたらそれはまだいい方です。

②トイレの個室で電話するor個室同士で話す
台湾のトイレって音姫なんてハイカラなもん付いてないんで、全ての音がダダ漏れです。だからと言って日本人のように音を気にしてトイレを流しながら用を足しその後もう一度トイレを流す、なんてことしません。えぇ、こちらの方々は音とか気にしないんです。お腹を下そうが放屁しようが全て聞こえてきます。もしかしたら聞こえないように頑張ってるけど無理で聞こえてきちゃうのかな、その割には結構音聞こえてくるぞ。確実に日本人よりは気にしないと言い切れる!
気にしない人種だからか、人によっては個室同士で同僚たちは会話をしだします。よくあるのは、電話ね!相手によってそれをするとかあるのかもしれないけど、ん?それ一応仕事の話ししてるよね?っていう内容もトイレ中に普通にお話ししてらっしゃいます。他の会社の人に電話の内容聞かれちゃう、とか、トイレ中なのにあの人電話してるよとか思われないかなドキドキ、とか一切ありません。気にしない、もうその一言に終わる。だが家ならまだしも、ここオフィスビルのトイレでやらなくても…。

③便座の謎の水分
日本人には考えられないけど、中国人は洋式トイレでウンチングスタイルで用をたす人がおるのね、台湾人じゃなくて中国人。成田とか羽田の空港の洋式トイレにウンチングスタイル禁止の張り紙よく貼ってあるんだけど、あれ中国人向けに言ってるんだと思うのね。それがさ、、台湾人もやる人はやるのよ!便座を持ち上げてウンチングスタイル、、、ならまだしも、すごい人は便座を持ち上げずもちろん土足で便座の上に直接ウンチングスタイルになり用を足します。便座が汚れるとか考えてないよね。綺麗に足跡が残ってるのですぐわかるんだ。便座を上げないもんだから用を足したら便座濡れるよね。次に使う人のことなんか考えてないよね。
もしくは、空中イススタイル。便座を上げる人ももちろんいる。でもたまに便座を上げずに直接空中イスで用をたすもんだから便座がすごいことになってるのよ。次に使う人のことなんか(以下省略)。なのでうちのフロアの人たちはまずドアを開けたらまず便座チェックをし使うかどうかを決めるという動作が入ります。手を拭くためにトイレットペーパー取りに来て手の水分が便座に飛んで濡れるパターンもあると思うんだけど、便座に謎の水分が付いてたら使いたくないよね。

台湾ではトイレットペーパーが直接便器に流せないトイレがまだまだたくさんあるからゴミ箱に使用済みの紙が捨ててあるんだけど、便宜上のためなんだろうが蓋なしのゴミ箱が多いのね。うちのオフィスビルとかたくさんの人が使うからゴミ箱もでかいんだ。もちろんゴミ箱の中も見える状態。ナプキンとかちゃんと丸めない人もおるので全部丸見えじゃんね。台湾のナプキンって日本のナプキンと違ってナプキン包んでるあの紙にテープが付いてないもんだから日本みたいに使用済みのナプキンを巻いて最後にテープで止める、ってことができないのよ。すごい不便。だからちゃーんと綺麗に丸めてトイレットペーパーにでも包めないと広がったりしちゃうのよ。どうにかしてほしい台湾のナプキン。

まぁ、ゴミ箱問題はそもそもの配管の問題でどうしようもないけど、、、もうねーーー、使う人間のマナーは本当に気になっちゃうの。どれだけ綺麗なおべべ着て綺麗なお化粧していても、水ボタボタと便座ビチョビチョにしてるの見た瞬間もう人として嫌いになる。超ゲンナリ。まじドン引き。見た目に気を使う前にもっと気をつけるものがあるだろう。美しさはそういうところから来るものだと私は思っておる。

つくづく思うけど、日本の教育の高さは拍手喝采ものです。本当に誇りを持てるよ日本のこういう部分の教育。

コメント

  1. […] 「台湾、トイレの常識」 […]

タイトルとURLをコピーしました