ヨットクラブに泊まるという選択肢 @ Langkawi Yacht Club Hotel

マレーシア

ブログを一時休止していた2018年2月の旧正月、若草は、マレーシアのランカウイ島へ旅行をしていました。

その時に泊まったホテルをご紹介しますね(*^^*)

Langkawi Yacht Club Hotel

ランカウイは、今まで何度か行ったことがあって、若草はこのとき、チェナンビーチに狙っていたホテルがあったけど、一緒に行ったお友達がチェナンビーチに泊まったばかり、とのことだったので、エリア変更。

ならば!と、かねてよりのランカウイ島北部の憧れのリゾート「The Andaman」を調べてみるも、旧正月はほぼ満室の上に、べらぼーにお高くて…んー、頑張ったら泊まれるかもとも思ったが、普通のときに、普通の料金で泊まろう。と、断念(ToT)

そこで出てきたのが、ランカウイ島南東のクアという町にあるホテル。

クアは昔、The Dannaに泊まった時、レンタカーで島一周をしたときに来たんだけど、何このしょぼい町!と思って素通りした記憶が。笑

しかし、ここにヨットクラブがあり、そこにホテルがあるというので、それはちょっと素敵なコンセプトかもしれないと泊まってみることに。

ここがなかなかよかった( ´∀`)

唯一残念だったのは、朝食の内容だったけれども。旧正月というスーパーハイシーズンにあの値段で泊まれる(=高くない。確か一泊SG$100/部屋前後だったような)なら、マレーシアのレベルを考慮したら、あんなもんだよねというレベル。という、期待を持たなければ、許容範囲です。笑

こちらがロビーエリア。

なんかヨットクラブっぽくないですか?( ´∀`)

お部屋もマリン調にまとめられていて、かわいい◎

そして、お部屋からはヨットハーバービュー。

日中、部屋にいると、ヨットのオーナーなのか借りてる人なのか分からないけれど、ヨットを楽しむ人たちが、太陽の光を反射してキラキラ光る海の上の橋を歩いて、ヨットに向かっていく風景や、ヨットがゆっくり出港して行ったり、夕方戻ってきたりする風景は、とっても素敵だなぁと思いました。

このホテルで、ヨットのツアーがあるわけではないので、自分では体験はできないけれど、海が生活にある港町に一時的に住んでいるような気分を味わえて、優雅なひとときでした。

ホテルの一階は、レストランやお店が入っていて、一度こちらでも夜ごはんを食べました。

サンセットにビールという贅沢。

普通に美味しかったし、ライブバンドや、南国ビーチお決まりのファイヤーダンスやマレーダンスのパフォーマンスがあって、楽しめましたよ(^^)

いつものビーチリゾートと違う、面白いコンセプトの旅行になりました(*˘︶˘*).。.:*♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました