シンガポール 電車の中で見かける人たち

シンガポール

シンガポールの電車は、日本と違って自由な方たちが多いです。

みんな喋っているし、電車の中で電話もしちゃいます。多国籍なので、みんなの服装もカラフル。インドのサリー着てる人もいるし、アラブ系の服装の男性もいるし、多国籍です。

なのでたまに日本に帰国すると、あまりに日本の電車が静かすぎて、無色すぎるので、びっくりします。

その分、シンガポールは電車の中で飲食はしないのですけどね。

 

そんなシンガポールの電車の中、たまにツワモノがいるので、ご紹介しますね。

①イヤホン付けずに、音ダダ漏れでドラマや映画やyoutubeを見ている人たち

これ初めて見たとき、超絶驚いた。しかも、意外と結構な頻度で遭遇するのですよね。(1ヶ月に1回くらい?笑)すごい効果音が聞こえてきて、何かと思って振り向いてみたら。何か見てる!みたいな。周りの人も誰も迷惑そうにもしてないし、誰も注意しないし、初めはびっくりしましたが、もう慣れました。

余談だけど、最近思うのは、シンガポールって誰も迷惑そうにしなかったり、誰も注意しないのって、本当に迷惑に思ってないのもあるかもしれないけど、単に注意して、面倒なことになるなら黙っていようっていう精神なんだなと、あらゆる場面で感じる。シンガポール人もシンガポールに長く住んでいる東南アジア系外国人もね。

シンガポールって、日本に比べて、子供の金切り声(キーーとかギャーーとか突然叫ぶ子供)を聞く機会も多い気がするんだけど、親も子供を叱らないし、周りの人も嫌な目では見ないし、あれは不思議。

 

②向かいの席に座って話す人たち

シンガポールの電車は、東京の電車と同じような席の配置なのですが、グループとかで向かいの席に座って、大声でおしゃべりしちゃうのは、だいたい欧米人な気がする。たぶん自国ではそういう文化なのかと。

 

③イチャイチャしすぎのカップル

若いカップルなんだけど、イチャイチャしすぎて、かなり際どい。笑 別れ際に軽くキスとかなら爽やかだけど、そうでなく、際どい(-_-;) 分かる?笑 面白くて私、見ちゃうんだけど、たまにハラハラする、笑

 

④シンガポールの地ベタリアン

台湾の地ベタリアンのみならずシンガポールの電車の中にもたまに地ベタリアンを見かけます。ドアの付近と、席がない立つスペースがシンガポールの電車の中にはあるんだけど、そこに。彼ら酔ってるわけでも具合が悪いわけでもなく、ただ地ベタに座って何かしてるんだけど、いやいや気持ちは分かるが、よく座るねと思ってしまうのは私だけ?

 

なんでこの記事を書こうと思ったかというと、昨日朝、会社に向かう電車の中で、隣に座った人がムスリム帽を被っているムスリムの男性だったのだけど、携帯見ながら何やらブツブツつぶやいていて。うるさいなーと思って携帯をチラ見したら、アラビア語だったので、たぶんコーランを唱えていたんです。結構な声量とあのコーランの節つきで。

朝のお祈り忘れたのかしらと初めは気に止めなかったけど、あまりにも長くて、だんだん口調にも熱が入ってきたから、よく見てみると何やらかばんをふたつ抱えていたんですよね。

ひとつはショルダーバッグに、もうひとつはその上に黒い四角いかばん。30cm四方くらいの何かが入っている黒いかばんを2度見して、まさか。。。いや、まさか。。。と、、、ニュースのタイトルが頭に浮かび。゚(゚´Д`゚)゚。、いやいや、シンガポール、イミグレしっかりしてるし、とかいろいろ考えを巡らした結果、念の為、私は席を少し離れたところに移動したら、青年は途中の駅で降りていきましたε-(´∀`*)ホッ 疑って本当にごめん、青年。

しかし、電車の中でお祈りもするなんて自由だなと思って。

 

★写真は、South Beach。ここ、あんまり混んでいなくて好き。

 

シンガポールの電車のいいところは、優先席はなるべく空いているし、優先席に座っていなくても、お年寄りの方や妊婦の方を見かけると、みんながさっと立って席を譲るところ。すごいなって思います。

あと、シンガポールには泥酔して電車に乗ってる人はいないので(電車だけではなくて、街中にもいない)、日本に帰ったとき、そのような方たちを見ると、日本だなぁと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました