曖昧を美徳とする日本人

台湾 さちよ 妹 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 台湾 曖昧 国 文化 カルチャーショック 言い切る 言い切り 中国語 日本語 日本 美徳 さちよの台湾日記

仕事が忙しいんです。誰か助けてください。太りました。私仕事頑張りすぎるとすぐ太るんです
というわけでバリバリ仕事しているさちよですが、台湾人と一緒に仕事してて思うのよ。

「日本語って曖昧だなー。」

はっきり言わずぼんやり伝え相手に悟らせる、というか、伝わりますでしょうか。伝わってください。

台湾人が作った日本人に送るメールのチェックをしていてよく思うのだ。「あー、きっと中国語だとこう伝えたいんだろうなぁ。。駄菓子菓子(だがしかし)、それを日本語に直訳すると少々角が立ってしまうなーーー。」

何だろう、例えば、うーん、えーーっと、例えばー、中国語で「你說這樣,然後對方跟我們說這樣,看他們的資料來說是這樣,所以是這樣這樣這樣。請你確認。」
台湾人的に日本語に直訳すると、「あなたはこう言いました、それから相手側は私たちにこう言いました、彼らの資料からするとこうです。なのでこれこれこうです。あなた側で確認してください。」

うむ、間違ってはいないよ。意味も通じるね。相手が外国人ということがわかればこれでもいいと思うの。でもビジネスマナーを学んできたさちよから少々角がたつと思うねん。

さちよなら、
「こう言われましたが、相手側はこう言っております。彼らの資料からするとこうなのでこれこれこうかと思います。お手数ですがもう一度ご確認願えますでしょうか?」
くらいにする。敬語になったとかそういうレベルの話は置いておいて、なんていうんだろう、中国語だと言い切る「これこれこうです」は日本人的にするなら「これこれこうかと思います」にしたほうがいいと思うの。あと、最後の「あなた側で確認してください」はクッション言葉を置いてお願い形式に変換、「お手数ですがご確認願えますでしょうか?」ってな具合に。

「これこれこうかと思います」、この辺で最近よく引っかかるんだけど、「こうでした、だからこうしてください。」って打ってる台湾人に「このようでした、」に変えたほうが失礼じゃないよって言っといたの。「このようでした」、自分で言ってて思ったけど、ようでした」?!え?じゃあそうじゃないかもしれないってことだよね。モノを見る限り完全に言い切れるんだけど、人に伝える時にそこをあやふやに濁すんだなと自分でびっくりこいたのだ。でもよく考えると、日本語ってそうかも。言い切らない。相手に悟らせる。角が立たないように。人の気持ちを考える。

台湾で生活していて、容赦無く言い切りでいいんだなと開き直ってからはバンバン自分もそれに慣れてきたので、日本人対応するとたまにシャラ臭くなりますが、果たして台湾人にその感覚がわかるのか。

大多数はわからないと思います。

それが悪いことだともさちよ思わないけどね。

最近日本のとあるコールセンターに問い合わせたところ、「その件につきましては弊社でははっきりとお答えできかねます。」と言われました。「あ、はっきりとは答えられなくとも何となくでも大体なら答えられるんですね?大体でいいので教えて欲しいんです。」と言ったところ(やな客だとかいうクレームは受け付けません。)、「申し訳ありませんが何となくでも申し上げられません。」と言われました。だったらそこ「はっきりと」って付け加える必要はないよね♡ま、角が立たないように言っただけなんだろうけど、そういうところワタクシ空気読みません。読めないのではなく読みません!!アホーーー!!

事実は事実なんだからそのまま伝えることはいけないのか。

いけないのか。

いけないのかなぁ。

いけないかぁ。。

台湾では問い合わせると彼らは角が立ちまくりなのでクレーム言いまくるさちよですが、あやふやなのもどうかと思うんだけど。言い切れやヴォケ!と言いたくなるようなならないような。そこはあやふやにしておきます。

曖昧を美徳とする日本、言い切る中国語、それも一つの文化だよね。国の違いだなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました