2ヶ月前のありがたみ

シンガポール

シンガポールでは昨日から、Social distanceのルールが更にタイトになって、1mの距離を守らなかった人には、SG$10,000の罰金または、最大6ヶ月の禁固刑または両方が課されることになりました。

こういう厳しい刑罰は、シンガポールらしいなと思いますが、刑罰が決められる前、social distanceを政府が呼びかけはじめてから、エスカレーターとか、みんな二段空けて立ち始めていて、ルールに従うシンガポール人偉いなって思っていた。

 

今週、いろいろなルールが変わりました。

外国人はシンガポールに入国できなくなり、

感染が広がりやすいと考えられる人が集まる場所・映画館やカラオケ、バーなどは全てクローズとなり、

今まで推奨だったSocial distanceに刑罰が課され、

まだ営業できているレストランやカフェ、ホーカーのテーブルや椅子には☓印が貼られて、人との距離を守るために座れない席ができました。

習い事は4月末まで中止、

家族の訪問や食事会も10人以下に限定されるように。

あと、政府負担のコロナウイルス感染者の治療費が、この時期に自ら国を離れて、感染して戻ってきた人には適応されないってルールもできた(そりゃそうだ)

マレーシアの鎖国は、4月14日まで延長されました。(物流は、Essential goodsだけでなく他の貨物も輸出可能に)

 

昨日は、食料を買いに行こうと寄ったモールで、入場制限+Social distanceが行われていて、モールに入るまでに10分程。

 

行動がこうやって制限されるようになって、

2ヶ月前

いろんなことが自由にできていた日常のありがたみがよく分かった。

 

不安とストレスはあるけれども、こんな時にでも、小さな幸せを見つけて過ごしたり、周りの人がいい気分で過ごせる方法や、予定していたイベントが延期になった代わりに別の方法で、人々に笑顔を届ける方法はないかなって考えてる。私にできること。

 

行動が制限されて、家にいることが推奨されて、家族との時間が増えたり、もっと健康的な食事をしたり、外でのエンターテイメントがなくなった分、人々はクリエイティブにならざるを得ないし。そういうのはいい点だなって思う。

わたしも、コロナウイルスのおかげで?家族との会話が頻繁になりました。

 

私は、シンガポール政府の姿勢をとても尊敬しているし、信頼している。1人1人にできるパート、私も協力したい。この厳しいルールも、一日でも早く日常の生活に戻れるようにするためだし、これ以上の感染が広がらないように。

がんばりましょう😊

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました