シンガポールのスーパーについて前々から思っていたこと。

シンガポール

先日、クリームパスタを作ろうとして、小麦粉が必要だったので、スーパーに行ったんです。

スーパーの片隅に見つけた小麦粉のコーナー。

この棚のあたりを散々ウロウロして、私はこの日、小麦粉を結局買いませんでした。

なぜなら。

小麦粉の最小単位が、1kg〜だったから!!

 

クリームパスタに必要なのは、何十グラムとかだったので、

・・・1キロなんて、いつまで使えばいいの(ノД`)シクシク

ほら見える?1kgって書いてあるの。これはパン用だから強力粉か。

とりあえずその日は家に帰って、オンラインで買える小麦粉を探してみたんです。

Redmartは、ミニマムオーダーに達するのが大変なのと(結構こまごま買い物したいので)配達のスロット待つのが面倒で(家にもいないし)、Pandamartを見てみたんだけど、やっぱり1キロ〜しかなくて、結局買えず。

しかし、余談だけど、小麦粉はなぜHong Kong Flourって呼ばれてるの?飲茶の皮とかに使うから?それともブランド名?

たまに小さめのパッケージがあるなぁと思って見てみると、タピオカ粉だったり、コーンフラワーだったり、米粉だったり別の粉。タピオカ粉って、あのタピオカ作るのかな??いろいろと不思議が多い粉コーナー。

 

今まで小麦粉なしで料理できてたし、やっぱり1キロは使い切る自信がなかったので、仕方なく持っていた片栗粉で代用したら、クリームパスタっていうか、あんかけみたいになりました(ToT)/~~~

片栗粉で代用したらダメですね(´д⊂)‥ハゥ

 

しかし。大家族ならともかく。一人で小麦粉1キロって、お菓子焼いたりしない限り、消費するのかなり大変なのでは…?

日本って、小麦粉、500gとかもっとかわいらしいサイズで売ってなかったっけ?

 

それで、シンガポールのスーパーについて前々から思っていたこと。

それは、ひとつひとつの商品がでかい!ということ。

私、セロリが好きなんですけど、シンガポールでは、セロリは1袋に10本くらい入ってます。こちら↓

重さを計ったら、1袋700gでした。重いの(´Д⊂ヽ

なので買うの毎回躊躇する。一度買ったら、セロリ三昧すぎるから。好きでもそんなに続けてセロリ食べれない。

 

あと、カレーとか肉じゃがとかを作ろうとするときも大変。

じゃがいもも玉ねぎも、1袋700gです(´Д⊂ヽ  重い。

というわけで、玉ねぎや人参は、量り売りのものがあれば、私はそちらを数個/数本単位で買うようにしています。

前にじゃがいも、玉ねぎ、人参を1袋ずつ買って、家まで歩いて帰ったら腕がちぎれそうになりました。700g x 3 + その他の買い物で3〜4キロくらい?5分歩くだけでも、一体、私は何をしているのかと、悲しくなりました(ノД`)シクシク

 

そして、今日はフルーツがなくなったので、桃でも買おうかしら、と思ったら、

これも1キロ!!

重かったので、こちらは諦めました。

 

あと一番最悪なのはこちら。

洗剤。

2.5キロ。

このサイズで買ったことないw

液体洗剤もこのように。

3L。

車があるならまだしも・・・

まじで持ち帰れない(TдT)

 

片隅には日本製の小さめ洗剤が売っているので、私はもっぱらそちらか、ドンキで日本製洗剤を買っています。なぜなら、軽いから!

柔軟剤もでかくて、一人で買いに行かなきゃいけない日は、重いから毎回憂鬱だなぁ。

 

日本って。一人暮らしの人も考慮してか、スーパーで売ってるものの全てのサイズが、痒いとこに手が届くサイズで素晴らしいと思う。

シンガポールでは、いい年した大人がいつまでも親と同居していて、大家族が基本なので(家賃が高いからが主な理由だが。結婚するまでほとんどの成人が親と同居している)、まぁこのような大家族向けサイズなのだろう。

 

前々から疑問に思っていたけど、外国人のみなさまは、不便ではないのだろうか。

 

★こちらの記事も併せてどうぞ(^^)/

パスタ難民

シンガポール いつも気になること

 

コメント

  1. […] シンガポールのスーパーについて前々から思っていたこと。 […]

  2. […] シンガポールのスーパーについて前々から思っていたこと。 […]

タイトルとURLをコピーしました