シンガポールの海運博物館 Mari Time Gallery

シンガポール

前にSt. John’s島に行った時に、船を待つ時間に、フェリー乗り場の2階にある「Mari Time Gallery」に寄ってみました。

 

Singapore Mari Time Gallery
Address: 31 Marina Coastal Drive, Level 2, Singapore 018988 (Marina South Pier Exit B)
Tel: 6325-5707
月曜定休・入場無料

 

ここ、シンガポールの海運に関する博物館になっているそう。物流従事者として行っておかないと!と行ってみることに。

 

 

ちなみに入場無料がうれしいです(*´∀`)

博物館の中には、灯台とか船の模型がたくさんディスプレイされていました。

 

これは、実際の20フィートコンテナ。

この中に、どんな貨物がどのくらい入るのか説明がされていて面白かったです。

しかもこれは物流従事者にしか分からないけど、、、、この上のコンテナ↑

外側から見ると、なんとPILのコンテナだった٩(๑´3`๑)۶↑

PILはシンガポールのキャリア(航空業界でいうとSQ:シンガポール航空かな?だいぶ規模は違うけどw)。こういうところでちゃんとシンガポールのキャリアをサポートしててうれしい。

あと、座れるスペースが、椅子ではなくて、ミニコンテナだった。かわいい。

コンテナ船の模型。

普段、貨物の輸出入の手配をしているけど、私はフォワーダーなので、船自体を見ることは、港を通るときくらいしかなく。普段こんなので貨物たちは運ばれてるのね、と思うと、模型でもちょっとワクワクしてしまいました。私は飛行機も空港も大好きだけど、船も港もロマンがあって素敵だなと思う。

 

 

で、ここに来たもう一つの目的が、船の操縦のシュミレータ。船長の友達がいたので、操縦してもらおうと。笑

なのに、

コロナで閉まっていました(T-T)

これが最大の目的だったのにー。泣

この他には、シンガポールの沖で停泊している船たちの現在地が見れるマップみたいなやつがあったり、とにかく海運に関するいろんな勉強ができる場所でした。

かなりマニアックな場所ですが、物流従事者の方はぜひ行ってみてください^^

小さいので所要時間は30分ほど。子供たちも勉強になって楽しいと思います:)

コメント

タイトルとURLをコピーしました