今日の台ニャンコ「バイクの番人と外猫に対する台湾人」

台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫 さちよの台湾日記

バイク大国台湾。そこら中にバイクが止まっています。台湾ではあるあるなんですが、停めてる自分のバイクのところに行くと全く知らない人が座ってることがしばしば。携帯見てたりタバコ吸ってたり誰かと話してたりするんですね〜。「おいおいこんなに他にもたくさんバイクがある中なんでドンピシャでおいらのバイクなんだい!」と突っ込みたくなります。不思議ですね〜〜〜。でも、さちよ猫にバイクを陣取られたことはない。

陣取られるバイク

台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫でも猫って陣取るんですね〜〜。街中を歩いてるとよく見かける光景です。

もしかしたらこの子のバイクなのかもしれない。台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫「ん?何か用?」台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫「これ自分のバイクなんだけど?」

そうでしたか。すみませんお邪魔しました。

人のバイクを陣取る猫って基本人馴れしてる気がします。近寄ったくらいじゃ逃げないのね。きっと誰かご飯あげてるんだろうなー。

猫に優しい台湾人

と思ったら、やっぱり誰かご飯あげてます。

立派な小屋

台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫

ここはバイクを陣取っていた猫がいた近くにある公園。前までなかったのにいつの間にかこんな立派な小屋が!台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫誰かが作ったんですね〜。このクオリティの高さよ。台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫

日が経つにつれどんどんレベルアップしていってます。高さ調節できる足も付いてた!

深夜食堂

台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫小屋の壁にはこれはあげていい、これはダメよ、と細かく書いてあります。わかりやすい。一体誰なんだろうこれを作った人は。写真まで入れてフォントも手を加え色味も絶妙に変えている…。素人のやることではない気がします。もしくはどこかから引っ張ってきたか。どちらにせよ印刷してこれをここに貼るという作業をする人がいる事実が面白い。この辺りのニャンコ達のこと本当に好きなんでしょうね。

ダメだそうです

台湾 妹さちよ 台湾在住 台湾生活 台湾ライフ 台湾らいふ 海外一期一会 バイクの番人 番人 バイク 猫 ねこ ネコ にゃんこ ニャンコ にゃん子 ニャン子 にゃん ニャン 今日の台ニャンコ 可愛い 外猫 かわいい 野良猫 ノラ猫 のら猫ここまで手をかけている小屋ですが、ところがどっこい本当は公園にこういうものを置くのはダメだそうです。公園管理局より、「私物は置かないでね、いついつまでに移動させてね、させなかったらうちらが処理するよ。」と小屋にペタッと貼ってありました。109/10/7まで?!Yes!もう俄然過ぎています。この写真、去年撮った写真でございます。その後何が起きたかよくわからないんだけど、いつの間にかこの公園は整備か何かなのか工事の柵が張られ土が掘り起こされておりました。この小屋は道端に移動してたの。それからはこの張り紙が張られているのは見たことがない。まぁ、公園外だから公園管理局の管轄でもないしね。でもきっと道端でもこれ置いておいたらダメなんだろうなぁ。。と思いつつ、通る度に小屋の存在を確認するさちよです。

愛し方

さちよだったらこんな小屋を作るだろうか。作る技術があるかどうかは置いておいて、作れるのなら作るかなー。と考えたのですが、これ作るくらいならおそらく保護して自分で飼ってるかなと思いました。もしかしたら飼えない事情があるのかもしれない、もしかしたら外猫を家猫にするのは変えるのはかわいそうだと思っているのかもしれない、もしくはまた別の考え方があるのかもしれない。知らんけもな。どの距離感でどう面倒見るかは人それぞれだなと思いました。愛していることには変わりない、この辺りの猫たちが幸せならそれでいいっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました