Green corridorsを歩く!

シンガポール

5月中旬、外食が出来なくなる前日にずっと行ってみたかった旧マレー鉄道が通っていた跡地、Green corridorsを歩いてきました。

その前にGreen corridorsは、こんなに混んでいるっている写真を友達から送られてきていて、

新年年越しの神社の参拝みたい!(✽ ゚д゚ ✽)ヒェー

って、びっくり & 心配したのだけど、

午後15時くらいに行ったら、時間が遅かったからか?空いていました(*´∀`)よかった。

 

スタート地点は、旧Bukit Timah駅から。最寄り駅は、めったに行くことのない青いDown town ラインのKing Albert駅。

この部分はまだ線路が残っていました。

でも駅だった建物は、改装されるのか?囲われていて、見れませんでした(写真右奥)残念(´・ω・`)

 

でも幸いなことに、Bukit Timah駅の看板?は残っていたので、こちらで記念撮影。

レンガ造りが古さを感じさせますよね。

 

ここから南下して、終点駅だったTanjong Pagarまで約12キロ。

道はそんなに広くなくて、歩いている人は少なかったけど、サイクリングの人が多くて、二人で並んで歩いていると、すぐにチリンチリンとベルを鳴らされるので、結構頻繁に道を譲らなきゃいけませんでした。

 

はじめのほう、ブエナビスタに出るまでは深いジャングルだった!

これは何ていう植物なのか・・・?

私の身長よりも全然高くて、2m以上ありました。

 

周りは高い木が多くて、静かで、全く開拓されていなくて、とにかくジャングルだった。

ちなみに一本道で、途中にお手洗いは皆無なので、お手洗い済ませてから歩き始めたほうが◎。

 

ブエナビスタを過ぎると、木々が低くなってきて、

こうやって空が見えるように。

お手洗いに行く場合は、ブエナビスタ過ぎてから、横道を抜けて、町に出て、公共のお手洗いを探す感じかな。

 

ずんずん歩いて、Alexandra近くのコンドミニアム、Interraceが見えてきたところ↓

Bukit Timahからブエナビスタは結構すぐ着いたんだけど、ブエナビスタからタンジュンパガーが長かった(@_@)

 

15時半頃出発して、タンジュンパガーに着いたのが18時半頃。3時間で完歩(^^)v

マレー鉄道の終点だった駅の建物。

 

SINGAPURA

の表記に、かつてマレーシアから電車でやって来た人たちは、感慨深い思いがあったのではないかな(*˘︶˘*).。.:*♡ 素晴らしいゴール地点!

 

Green corridors

ジャングルの景色と、長距離を止まらずに歩けるので(信号とかはもちろんないので)、とっても良くて、またお友達と喋りながら歩きに行きたいな(*^^*)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました